一対の蓮華

一対の蓮華 一対の蓮華

作品詳細

 母屋から社務所に通じる廊下の傍らに、池がある。
 元からこの地にあった小さな池だそうで、ここを神社として整備する際、池はそのまま、住居をその傍に構えたらしい。
 そこでは紅白の蓮が一本ずつ、毎年綺麗な花を咲かせていた。

『紅白の蓮の付喪神』付喪神物語より。

一対の蓮華