市松模様の少女

市松模様の少女 市松模様の少女

作品詳細

 夏といえども葉が落ちないわけではない。ハエのように小煩く聞こえてくる声をガン無視しながら、千春は境内の掃き掃除をしていた。
「千春、ちーはーるー」
 千春の周りをうろうろと付きまとっているのは、一尺(約三十センチ)あるかどうかという驚くほどに背丈の小さい女の子だ。

『かざぐるまの付喪神』付喪神物語より。

市松模様の少女