江戸時代の武士の生活

ショックで描き殴ったもの。

らくがき

展示用イラスト予定が現代服ではないのはわざと。和服描きたい和服大好きvvv
もっと和服上手くなりたい。

ところで今日、図書館によって歴史の棚を見ていましたら「韓国語で見る古事記」という本を見つけました。
日本語や神様の名の語源を韓国語に関連付けて書いてありまして、その本によると、どうやら高天原は韓国のようですよw
蘇我氏が百済からの渡来民族だってのは割と賛成派です。なんで、って言われると困るけど。火曜日に大化の改新についてのビデオ見たりしたからかな?NHKのその時~だったかな???
最近、日本のルーツは韓国かな、っていう意識は生まれつつありますよ。

で、それついでに江戸時代の武士の生活っていうのを見つけて見てみた。

いやね、オリの隠れ姫の旻姫の扱いで、なんかこれだと柳生の人たちがヒドイ人たちの集まりみたいだなぁ……っと思っていたので、正直どうだったんだ?というのがあったので。
見てみたら、なんかそれで構わない気がしてきた……。
隠れ姫の舞台は一応江戸初期を考えてます。
江戸時代(主に初期)の女性の扱い→奴隷……??3年子が生まれなければ離婚、風呂は旦那が入るまで入っちゃいけない、洗濯物は男ものとは別、一緒の竿に干しちゃいけない、勉学なんて以てのほか、etcetc...。

……江戸時代の女性って……、心ささくれてそうですね……。

そして婚礼について。そういやそうだった。身分相応でなきゃ結婚できないんだった。
まあ、旻のお母んは父ちゃんと結婚してませんけどね。女性の選択権は父ちゃんにあるわけで、まあその辺はなんかあったんですよ。で、母ちゃんが旻を生んで最初は母ちゃんが引き取って一人育てる予定だったので、その時点では柳生とは何の関わりも持たない予定だったんですよ。でも病で亡くなって父ちゃんが旻を引き取ったもんだから、そこで身分問題が起こるんですよね。

あ、よかったよかった。心配することなかったみたい。
旻出生話は別に物語の前提なのでばらしてもいいかな、と思ったので書いてあります。最近書くか謎になってきましたし。
まあ、描きたいんですけどね、本当は。

コメントを残す

応援する