風林火山感想 第三十三回『勘助捕らわる』

長尾影虎が宇佐美に対して「三顧の礼じゃ」と言った瞬間、あんた劉備かい!!と心の中で突っ込みました。

てことは、宇佐美さんは諸葛亮?まあ、なかなかな軍略だったからいいのかな?

でもやっぱ、影虎の劉備はない。絶対ない。影虎のほうができた人間だと私は思うぜ?

ん?となると、影虎に付き添って来てたのは、関羽か張飛ってことか。どっちかというと、血気盛んな張飛かな?

も一人付き添いいたら(関羽)、まさしく三顧の礼だ

―いや、三顧の礼って言葉(故事?)はちゃんとありますから。私が勝手に当てはめてしまっただけです。はい、すみません。

そしつ最後の最後。私はお屋形様じゃなくて、みつに祈ってました。(^_^)
だぁって。ねえ?お屋形様半分信じてないもん。勘助のいいつけ守らなかったから。
大敗してザマアミロ?
でも結局お屋形様に救われたので、無双(ゲーム)で倒すのは勘弁しておくことにしますよ。性格的には無双の御館様のほうが好きだけど。

それにしてもビックリしたのは勘助の髭だったり。すっごいボウボウでのばし放題、熊男と化してましたね(笑)

来週は真田さんのお話みたいで・・・って、何か走ってません!?幸隆様ー!!
ああ、六文銭の旗がー・・・。

コメントを残す

応援する