秋の京都 2017

11月24、25日で秋の京都を訪問してきました。

1日目

1日目はレンタルですが、着物で。

当日の着物柄

帯は半幅です。お太鼓面倒なんだろうな。

1日目は銀閣寺→永観堂→南禅寺の順に回ってきました。
永観堂の受付が16時まででぎりぎり間に合わなかったんですけどね(;´∀`)

銀閣寺

最初、人力車で裏の方をグルーっと回りながら銀閣寺前まで移動しました。哲学の道歩くより紅葉楽しめるよって言うんで。

後、連れが着物慣れしてなかったので、上り坂歩かせるのもあれかなーと思いまして。
着物で上り坂は勾配が急になればなるほど過酷です。だから男袴欲しい。

以下、銀閣寺のお庭の写真。

向月台と紅葉 - 銀閣寺

東求堂と紅葉 - 銀閣寺

だいぶ風が出てたので、お土産屋の休憩所で一服。

お抹茶 - 銀閣寺

お菓子はきなこの砂糖菓子っぽい味がしました。土産屋で売ってましたよ。

永観堂

永観堂

銀閣寺を散策した後は、永観堂に行くバスはどこじゃとバス停を探して移動。
この時期、混むとはわかってても本当にバスの混み具合がすごかったですねぇ……( ´Д` )

永観堂の前に着いたら、丁度拝観受付が終了したところでした(笑)

仕方がないので門前の紅葉だけ(紅葉狩りに来てたので十分綺麗でしたが)。

門前 - 永観堂

境内の紅葉 - 永観堂

門脇の紅葉 - 永観堂

南禅寺

そのまま道なりに進んで、南禅寺へ。
ああこれが噂の三門と疏水かーと眺めながら南禅院の庭園へ。

南禅院 - 南禅寺

南禅院 - 南禅寺

南禅院庭園 - 南禅寺

南禅院庭園 - 南禅寺

京都の寺院って庭が凝っててとても好きです。
南禅寺の庭園で満腹になりました。桜の京都も美しいですが、秋の京都もとても美しかったです(´ω`*)

南禅寺の後は、着物を返却して夕飯に湯豆腐を食べて就寝。
夕飯は京都駅伊勢丹に入っているお店で食べたのですが、ここで頂いたお抹茶が今回京都で頂いたお抹茶の中で一番美味しかったです。

苦味が控えめですっと入ってくる味わいな上、ダマがない(重要)。
甘味処のお抹茶より美味しいってこれ如何に。

余談ながらお昼に頂いたお抹茶は、恐らくお茶請けと並行して飲むの前提なのかやたら量が多かったので、先にお菓子を食べてしまうと飲み終わった後に口の中が苦味でエライことになります。

本来のお茶席では先にお茶請けを食べてからお抹茶を頂くのですが、夕飯で利用した所は先にお茶請けが出たのとお抹茶の量がちょうど良かったので、本来のお茶席に合わせてあったんでしょうね。 

2日目

2日目は清水寺近辺を散策してきました。
ルートは安井金比羅宮→六道珍皇寺→清水寺前参道方面

安井金比羅宮

鳥居前 - 安井金比羅宮

連れが用があるとかで、安井金比羅宮にお参りしてきました。
パワースポットは鬱陶しく感じてる側であまり詳しくないんですが、なんでも縁切り・縁結びのご利益で有名なのだとか。
鳥居前の由来を見たら、祭神が崇徳天皇・大物主神・源頼政の三神とのことでした(謎の説得力)。

手水舎 - 安井金比羅宮

手水舎の写真ですが、ここも紅葉がきれいでした。
ちなみに、境内には猫があちこちに。

六道珍皇寺

続いて私の用で、篁様に会いに、兼、地獄参りに六道珍皇寺に足を運んできました。
ちょうど場所も近かったので。

秋の特別公開・寺宝展 - 六道珍皇寺

したら、ちょうどよく色々公開されていました。

来月の12月23日の祝日は篁様の命日で閻魔大王とセットの限定御朱印があるそうですが、まあそれは興味が無いけれど、その日に参拝に行ったら御焼香かなにか上げられるのかしら?

門前 - 六道珍皇寺

六道珍皇寺の門前。

六道の辻の碑 - 六道珍皇寺

堂々と六道の辻って書いてあるとは思わなかった。

小野篁卿旧跡の碑 - 六道珍皇寺

小野篁卿舊(旧)跡の碑。

小野篁卿旧跡の碑 - 六道珍皇寺

例の冥土通いの井戸があるお庭。縁側からの撮影しか許可されていなかったのでこんな感じに。
中央に見えるのがその井戸です。

さらに奥に行くと黄泉返りの井戸があります。
冥土通いの井戸はよく聞きますけど、黄泉がえりの井戸ってあまり話が出てこないような……?

黄泉がえりの井戸手前には、閻魔大王の化身とする小野篁卿を祀る小さなお社がありました。(説明書きは確かそんな感じだった気が)
篁破幻草紙のお堂の中を進んだら地獄につく設定はここが元ネタ?と考えたり考えなかったり。
井戸は潜ってないんですよね、あの作品の篁様は。

閻魔堂・篁堂 - 六道珍皇寺

門をくぐってすぐにある閻魔堂・篁堂です。帰り際に紅葉とぱしゃり。

紺紙金泥 御朱印 小野篁卿 - 六道珍皇寺

紺紙金泥の御朱印があったので、篁様のだけ頂いてきたんですが、あとで確認したらこれ11月限定だったんですね。

六道珍皇寺 秋の特別公開・寺宝展

二年坂

その後は清水寺を目指して(清水寺に行くとは言っていない)土産屋を覗いたりお昼をしたりして歩き疲れて二年坂の甘味処で休憩しました。

お抹茶 - 二年坂

お土産も十分買えたので、最後にかんざし屋だけ寄らせてもらって、帰宅です。

紅葉狩り目的で来たので、大満足です。
やっと念願の秋の京都を楽しんでこれました。

春は何度も、夏は一応一度楽しんできたのでね、秋でコンプリートですね。
冬はあまり興味がないからまあいいかな?

次は松尾大社方面を巡りたいですねぇ。
この間読んだQEDの舞台がそこでしたので、ひとりでぶらりと訪問して「ここで殺人事件が」とか「ここに遺体が」とか「ここであの人が」なんて場面を思い起こしながら、月読神社を真面目に参拝しに。


最後におまけ。

おまけ - 南禅寺にて

次は着物を着てどこに行きましょうか。