Pixiaメイキング アナログ線補正

なんかちょーどいいので、和丸と由利の画像使って少しメイキング。
アナログでペン入れしたものをデジタルでキレイにするだけなので、参考になるかわかりませんが。

では、スタート↓

1.ペン入れした画像をスキャナでPCに取り込む。

加工前-全体

*取り込んだ最初はこんな感じです。だいぶ汚いです。
とりあえず、和丸の目は後で修正します。たぶん、絶対。

拡大してみると汚さがよくわかる↓
加工前-拡大

*鉛筆の消し残りとか紙の色とかで結構汚い。

2.トーンバランスをいじる。

Pixiaメニュー:トーンバランス

*「画像」→「トーンバランス」という順にクリックします。
下見たいのが出ればOK☆
Pixia:トーンバランスウィンドウ

*赤印のものだけを動かします。真ん中の「■」をドラッグすれば、左右に動きます。
今は一番右にいるので左にしか動けませんが。
Pixia:トーンバランスウィンドウ

*赤丸印辺りまで左に動かしてください。曲線の始まる辺りです。
これでだいぶキレイになると思います。

ここで終わってもいいのですが、もう一作業。
Pixiaメニュー:色調補正

*画面の赤丸印のやつをクリックしてください。
なかったら、「画像」→「色調補正」の順にクリックしてください。
Pixiaメニュー:色調補正

*こんなのが出ると思います。

◇パターン1

Pixiaメニュー:色調補正

*ここからいじくるのは赤丸印の二つだけです。
Pixiaメニュー:色調補正

*こんな感じに右上を真上に、左下を真下にうごかしてください。
動かしたら「OK」を押して閉じてください。

◇パターン2

Pixiaメニュー:色調補正

*真ん中のやつだけ動かします。
Pixiaメニュー:色調補正

*右下まで持っていってください。
動かしたら「OK」を押して閉じてください。

この二つ、何が違うかと言うと、「パターン1」の方が線が細く濃くなって、「パターン2」の方が線が太く濃くなります。でも、そんな大差がつくわけでもないです。
お好きな方をやってください。両方やるのもありですよ。

3.完成

最終的にこーなりました↓
補正後―全体

*別に漂白剤は使っていませんよ。
補正後―拡大

*これだけで結構キレイになります。
以上、メイキング終了です。


後は、こっから塗っていくだけです。
今更描き忘れ見つけました。どーしようw

コメントを残す

応援する