MIND STRONG ADVENTURES ! エヴィンハルハの天使

四、嵐過ぎて、凶兆 - 5

 最後に残る疑問は、どうしてメルが触れた時だけ、アルは砂になってしまったのか、だろうか。  今後も魔族化に遭遇しないとも言い切れないので、魔族化攻略にも繋がりそうな話として聞いておきたいところではあるのだが……。  いま聞いてもいいことかなぁ……。  あたしは後ろめたさを感じながらも、一応メルに聞いてみることにする。 「ねえメル。あくまで情報共有としてなんだけど、アルに触れた時のこと、いま聞いてもいい? 無理なら、ずっと後でも全然いいんだけど」 「だからミナ。それは今聞くことじゃないだろう」  レオンに諌められて、やっぱりそうだよなぁ、とあたしは引っ込もうとする。  が、それをメル本人が制した。 「……レオンさん、だいじょうぶです。なんで、しょうか」  声に力もないし、本当に大丈夫なのか?  困惑して、あたしはレオンと顔を見合わせる。 「メル、無理しなくていいんだぞ」  椅子に座って俯いたままのメルに、レオンは優しく声をかける。しかし、メルは首をゆるく横に振る。 「じょうほうきょうゆう、なんですよね?」  レオンにじとっと睨まれ、あたしは「うっ」となる。 「本当に後でもいいんだけど——本当の本当に聞いて平気?」  メルが頷いたのを見て、ためらいつつも、あたしは見えなかった部分をメルに尋ねる。 「メルは、どういう風にアルに触れたのかな、って。あたしの位置からは、その、よく見えなかったから」  あたしの質問に、数拍の後、メルはぽつぽつと答えてくれた。 「じぜんに……おはなししたとおり、せなかから、ふれたんです。ミナさんが、いっていたアザも、みえたので、とどいたので、そこにふれました。いぜん本で、そういうのは、魔術のカクのばあいがあると、よんだので」  メルの説明に、あたしは血の気が引くのを自覚した。  メルは、あたしが話したことを、聞いたことを、忠実に実行していた。その事実に、くらくらと目眩がする。  メルはそこで口は閉さず、俯いてから初めて、あたしの目を見る。その目はあたしを責めているようにも見えた。 「ねえ、ミナさん。わたしがいるから、いけないんですか? だから、アルも、ミナさんも、みんな傷つかないといけないんですか……!?」 「それはダッドが勝手に——っ!」  ダッドがメルに向かって発していた言葉だ。  メルは止まらない。 「わたしがいなければ、おとうさんやおかあさんも、シななくてすんだかもしれない。あのとうぞくたちだって、まきこまれなかったかもしれないじゃないですか。  なんで、なんで、こんなことになるんですか。わたしは、わたしは——っ!」 「メルさん。少し、部屋で休みましょうか」  感情をまくし立てるメルの手をそっと取り、優しく声をかけたのは、アンナだった。 「ツライことを思い出させてしまって、ごめんなさい。少し、頭と心を休ませましょう」  アンナの言葉に、メルはヒクついた。今にも泣き出しそうな顔だ。 「ハンナ、ここは任せていい?」 「いいわよ」 「よろしくね。じゃあ、行きましょうか、メルさん」  アンナがメルを抱きかかえるように立ち上がらせると、瞬く間に姿が消えた。  メルとアンナが消えると、レオンは深々と息を吐きながら椅子に深く腰掛け、ハンナはジロリとあたしを見た。 「だから言ったじゃん」  ハンナが何についてそう言ったのか、その時のあたしは気づけなかった。  が、後で|天の丘《エヴィンハルハ》で夕食の準備をしていた時の会話を指していたのだと気がつく。「言った通り、考えうる限り最悪の結果になっただろう」と、ハンナはこの時、言外に言ったのだ。

 あたしは、そんなことにも気づけない程、この時ひどく動揺していたのだ——。

;