カラオケに行ってみた

  1. p_1.jpg
  2. p_2.jpg
  3. p_3.jpg
  4. p_4.jpg

カラオケに行ってみた

もしも四人がカラオケに行ったらこうなるかなーっていう妄想です。
実際描いてる本人が時間軸よくわからず描いてるので、if でいいと思います。

紗夜を除く三人はJ-POPSを普通に嗜んでいると思うのですが、紗夜は「言われればCMとか街中で聞いたことがあるかもしれないけど曲名は全く知らない」系が大半を締めていると思う。音楽番組全然見ないし、テレビもニュース以外あまり見る機会がないので。

そしたら、昔見ていてよく聞いた覚えのあるアニメ曲が選択肢に上がったのでした。
なお、紗夜はカラオケに来るのは初めてです。

柾、玲那、朔、紗夜の歌唱力は別に可もなく不可もなく。

歌が上手い人はなにかしら歌を上手く歌うコツとかを調べたり教えてもらってたりすると思っているのだけど、特にそんな練習とかしてない4人は別にうまくもヘタでもないんじゃないかと。

ただ、祝詞奏上の練習してる紗夜はカルタの読み手を任せたらそこそこに上手いんじゃないだろうか。
もしかしたら逆に、ポップスは上手くリズム取れないかもですね。

玲那は過去にピアノ教室に通って軽く弾ける程度の腕はあると思う(興味が続かなくてやめた)ので、リズム感はあると思うのだけど、柾の方がリズム感ありそうなのなんなんだろう。
柾が昔から慣れ親しんだ音って竹刀だと思うんだけど、竹刀の音にそんなリズム感はあるのだろうか。

それぞれの声の高さは、紗夜は話し言葉がアルトで、歌声はソプラノ。玲那は話し言葉も歌声もアルト。
朔と柾両方話し声はテノールとバスの中間な気はするけど、朔の方が地声は高いイメージ。
で、柾は歌のパートバスで、朔はテノールな印象です。