第四話

作品詳細

 葉助の元に、仕官話が舞い込んだ。

 受けるかどうかは悩んでいると仲間に相談する葉助と、その話を聞いて兄の葉助によそよそしくなる静。

 静の態度を不思議に思った由利たちが、仕官話についてどう思っているのかを聞いてみると、静は「自分が口出しをすることではない」と返す。
 普段の仲のいい様子からは想像できない答えに、由利たちは静が寂しいのをやせ我慢しているのだと察する。

 葉助もそのことに気づき、静に会いに二人だけの秘密の場所へと足を運んだ。
 そこは、二人がずっと昔の雨の日に約束をした場所だった。

 村を追い出されたその日に「ずっと一緒にいる」と二人は森の木の下で約束をした。その約束を破るのかと泣いて怒る静に話を受けないことにしたと葉助は伝える。

 喜ぶ静を先に里に帰してから、葉助は話を持ち上げた籐夜に直接断りに会いに行く。
 ところが、そこで逆に静を人質にとられ、葉助は話を受けざるを得なくなってしまう―。

※ 2019年以降にリメイク予定です。